SHARE

Twitter

Facebook

  • TwitterTwitter
  • FacebookFacebook
  • YouTubeYouTube

BLOG

2021.09.26

クリント・イーストウッド作品にみるリバタリアニズムの在り方

Category : 思想
Author : 内藤 明宏
 当会の定例会では、香港、ウイグル、台湾情勢に大きな動きがあったこと、ロシアについても知見あるメンバーがARCJに加わったこと等から政治的なセッションが続いていた。  そろそろアートや思想の面でも議論の機会を持ちたいと考…
続きを読む

2021.08.29

台湾の民主化過程振り返り

Category : 思想
Author : 常田 光一
   いわゆる現代に続く台湾問題は、大戦で米国に敗れた日本の引揚げによって生じた空白地帯に、国共内戦で共産党に敗れた国民党勢力(外省人)が流入して軍事独裁政権を敷いたことに始まる。しかし、40年以上に及ぶ苦難の…
続きを読む

2021.07.24

現代ロシアとアイン・ランド

Category : 影響思想
Author : 内藤 明宏
私はいまだ訪れたことはないが、ロシアには、広大な平原に囲まれ、暗く寒く長い冬に支配される自然環境のイメージが付きまとっている。 アイン・ランドは周知のようにロシア出身であり、ロシアを知ることは当研究会にとっても新たな気付…
続きを読む

2021.06.23

「個人の権利」と香港の民主化運動

Category : アート
Author : 宮﨑 哲弥
  ボブ・ディランが主演(及び脚本)を務め、2003年に公開された『マスクト・アンド・アノニマス(ボブ・ディランの頭のなか)』(監督:ラリー・チャールズ)は、近未来の架空の独裁制社会主義国家(アジェンデ大統領によるマルク…
続きを読む

2021.05.30

概念のつくり方──アイン・ランドの認識論

Category : 思想
Author : 宮﨑 哲弥
 毎回テーマを決めて、ランドによるテキストや関連資料等を参照しながら、月1回程度、メンバー同士で意見交換を行っているARCJ定例会。今回は、認識論についてのランドの著作 Introduction to Objectivi…
続きを読む